こんにちは、カメラレザーNatureCraftの田中です。

ネイチャークラフト拠点である福岡、ずいぶん暖かくなってきました。

が、来週からまた最高気温が10度以下と寒くなるようです。変な気候ですね。

 

前置きもほどほどに、フルオーダーでご注文頂きましたハンドストラップの製造工程をご紹介したいと思います。

 

革の種類、ステッチの色、金具の色まで、
すべてオーダーで製作

 

ご依頼をいただいたのが今年初頭。

少しお時間頂いておりますが、ご依頼者様の理想に近い作品を仕上げるべく職人さんと奮闘しています。

 

今回のご注文は、ミラーレス一眼につけるハンドストラップ

ハンドストラップとひとことに言っても色んな種類がありますよね。

PENTAX Q10のような超コンパクトカメラにつけるライトなストラップから、荷重3KGにも耐えるゴツめのハンドストラップまで。

 

今回のご注文では「カメラごとポケットに入れてもかさばらないライトなハンドストラップ」のオーダーを頂いています。

 

製作の流れは以下のとおりです。

 

  1. ベラミ山荘内工房にお越しいただき作りたいハンドストラップのイメージをすり合わせ ※実際に革やステッチ、金具なども見ていただきます
  2. 工房在庫にある革で決定すれば製作へ。今回、イメージ通りの革がなかったため新たに仕入れます。
  3. イメージに近い革三種類のサンプル(複数色ステッチを入れたもの)をご注文者様に郵送し、革素材とステッチカラー決定。←2018.3.19現在この工程
  4. 価格見積もり→ご注文者様とすり合わせ
  5. 決まった革素材とステッチカラーを元に本製造スタート
  6. 完成→引き渡し

 

2と3の工程、なかなか見聞きしないと言われることもありますが、フルオーダーですからこれくらいはやって然るべきと考えます。

価格に関しては1の段階で「5,000円〜10,000円の間、15,000円以内」といった風に概算の見積もりをお伝えした上で製造工程に入ります。

 

カメラ用ハンドストラップ革候補

▲ご注文者様に郵送する革サンプル3種

 

 

▲4色のステッチをそれぞれの革に縫い付け。イメージを共有します

 

オーダーから完成まで、また工程に進捗がありましたらブログにてご紹介していきたいと思います。